今日(きょう)は「ひなまつり」、でも朝(あさ)から、冷(つめ)たい雨になりましたが、学習者(がくしゅうしゃ)とその家族(かぞく)、 ボランテイアを含め17名(めい)が参加(さんか)し、横浜市のど真(ま)ん中(なか)にある野毛山動物園に行きました。入場料(にゅうじょうりょう)は無料(むりょう)ですが、おおくの動物がいて、また「なかよし広場」でモルモット・ハツカネズミとふれあうなど、楽しい一日を過(す)ごしました。      おふたりの感想文(かんそうぶん)です。   

3月3日、野毛山動物園に遠足(えんそく)しました。残念(ざんねん)ながら、1日ずっと雨が降(ふ)っていましたが、その結果(けっか)、人が少なくてよかったです。野毛山動物園は、無料(むりょう)で、さまざまな動物を見られます。たとえば、ライオンの場所(ばしょ)で面白(おもしろ)いサインボードがあり、「おしっこにご注意下さい」と書いてあり、新しい言葉(ことば)を勉強できました。更(さら)に、生まれて初(はじ)めて見た動物もいました。アビシニアコロブスというサルです。うしろから見ると毛(け)が白と黒です。白い部分(ぶぶん)は丸(まる)いかたちをして、その丸の中に黒い色があり、とてもかっこいいと思いました。「なかよし広場」ではモルモット、ハツカネズミなど小動物とふれあうことができて、すてきな体験でした。動物を見たあとで食堂に集まって昼ご飯を食べました。暖(あたた)かい部屋(へや)でいろいろなことを話しあいました。その日、友達ができたり、日本語を勉強したりできてよかったですよ。次(つぎ)のイベントを楽しみにしています!(ロメオ・トロベクさん)

 先週まつ、日本語教室の先生や友だちと野毛山動物園へ行った。その日は雨が降(ふ)っていて寒(さむ)かった。だけど、皆(みな)と一緒(いっしょ)に行動ができるし、日本語を練習(れんしゅう)できる。本当(ほんとう)に嬉(うれ)しかった。実(じつ)は日本に来てから、毎日の午前の日本語授業(じゅぎょう)を除(のぞ)いて、ほとんど日本語を話す機会(きかい)がない。日本語教室でこのような有意義(ゆういぎ)な活動(かつどう)を行うことに感謝(かんしゃ)します。ここで先生は親切だし、他(ほか)の国からの友人を知ることもできる。彼(かれ)らと一緒(いっしょ)に話すのは面白(おもしろ)い。その日私は用事があって途中(とちゅう)で帰ってしまった。しかし、先生と一緒にたくさんの動物を見た。やはり写真で見るのと実際(じっさい)に見るのは感覚(かんかく)が違(ちが)います。本当(ほんとう)に良(よ)い思い出の日になりました。   (于さん)

 

                                        

  

 

 

 

 

 

 

10月24日(水)、58名(学習者・幼児(ようじ)・ボランティア)で、見学しました

フレッチャー、ジョシュア光(Mr. Fletcher Joshua Hikaru)さんの感想文(かんそうぶん)

三菱(みつびし)みなとみらい技術館(ぎじゅつかん)には、21世紀的(せいきてき)な技術(ぎじゅつ)が

いろいろ展示(てんじ)されていました。

その展示(てんじ)を見学したり、体験ブロックでは実際(じっさい)に体験して遊(あそ)んだりしました。

特に記憶(きおく)に残(のこ)った展示物(てんじぶつ)は、潜水調査船(せんすいちょうさせん)の歴史(れきし)や

現在(げんざい)の開発などのいろいろな情報(じょうほう)でした。

そのほかMRJジェット機(き)、ロケットエンジン開発、未来(みらい)の交通手段(こうつうしゅだん)、

地球温暖化対策(ちきゅうおんだんかたいさく)の方法(ほうほう)と、再生可能(さいせいかのう)エネルギーの

種類(しゅるい)の情報(じょうほう)などの詳(くわ)しい説明(せつめい)がありました。このように、今の技術(ぎじゅつ)をいろいろ学(まな)んで、未来(みらい)に向(む)かって

開発される技術(ぎじゅつ)をサポートするのが、とても大切なことだと思いました。これから10年、20年先にはどんな開発があるでしょう!

いつものクラスを離(はな)れて、外に出て学んで、楽しい一日でした。                                                                水曜クラス    フレッチャー、ジョシュア光(ひかる)

 

 

STAND BY ME ドラえもん、I have a dream (Westfile)、コーヒールンバの3曲を演奏しました。

正式演奏の後、日本人の観客も練習して、「きらきら星」、「ドレミの歌」を皆でいっしょに演奏しました。

曲名・イラストをクリックするとビデオアンクルンがきけます。

STAND BY ME ドラえもん

2:58

I have a dream (Westfile)

2:36

コーヒールンバ

3:25

きらきら星      (練習)

kirakiraboshi0:33

ドレミの歌      (練習)

0:39

 

毎年、半数の学生が入れ替わり、日本で初めて習う学生もいます。

インドネシアの伝統音楽が日本でも受け継がれています。

  

 子どもたちが日ごろ学習でがんばったこと、興味(きょうみ)のあること、

見せたい作品(さくひん)などの発表(はっぴょう)をしました。

ひとり一人自己紹介(じこしょうかい)をしたあと、

低学年(ていがくねん)グループの「しあわせなら手をたたこう」のうたにはじまり、

動物(どうぶつ)クイズや昆虫(こんちゅう)クイズ、詩(し)の朗読(ろうどく)、

スピーチなど、おもい思いの発表(はっぴょう)を行いました。

この日は、子どもたちの家族(かぞく)のかたがたにも来ていただき、発表(はっぴょう)のあとは、

じゃんけんゲームをしたり、おやつを食べたりと、楽しいひとときをすごしました。

 

当日は雨天にも関わらず、学習者と家族の皆さん、ボランティアを含め42名が参加しました。

浜松町の日の出桟橋から水上バスに乗って浅草まで行き、雷門、仲見世通りを歩き、浅草寺でお参りをしました。

今回は学習者のジュンさんが三名の日本語クラスの学習者のチャンインさん、コツキさん、ハビエルさんにインタビューをしていただきましたので

その様子を動画でお送りします。(画像をクリックすると動画の再生画面になります)

インタビューアのジュンさんから感想をいただきましたのでご紹介します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はJUNです。一昨年10月に韓国から日本で参りました。青葉国際交流センタでは千葉先生と一緒に一年半ぐらい日本語を勉強しています。今回の行事ははじめてですけど。船にのったり浅草寺にお参りなどしてほんとにおもしろかったです。特に今回は、チャンインさん、コツキさん、ハビエルさん3名のインタビューをいたしましたから特別印象に残る体験でした。まだ尊敬語と謙譲語を正確に使いわけられないので、もっと日本語勉強してペラペラ日本語をしゃべりたいです。

今回素敵な行事にご招待頂き、まことにありがとございました。

----------------------------------------------------

KoryuKai SAT 20180623

junchanin 20180623  junkotsuki 20180623junhaviel 20180623

 

 

 

日本語スピーチ大会で「宮大工(みやだいく)になりたい」とスピーチした中国の張航天さんが彫(ほ)った仏像(ぶつぞう)と感想文(かんそうぶん)です。
感想文(日本語の原文)
去年四月から仏像彫刻を勉強しています。最初は何となく日本の伝統文化に触れたくて、それにしました。
思わず勉強し始めてからすぐ夢中になりました。その一年間、浮彫から仏頭や如来立像など八つの作品を作 りました。
彫刻なら立体的なものを作って、一旦やり過ぎると直しにくくて、小さい頃から勉強していた絵画よりずっと難しいです。
消えた補助線をすぐに描き直さないと体の割合や曲線と厚さを間違えやすくなるから、線を削り取っては描き直し、削り取っては描き直して、大変手間がかかります。彫刻刀というと、彫り方をよく身につけないと、削りにくいだけでなく危ないです。
しかし、色々な困難を乗り越えて腕をだんだん上げると、良い作品が出て満足感満々になります。
そして、伝統文化を受け継ぐ若者として私が誇りを持っていると思います。
これからも是非仏像彫刻を頑張ります。それに、伝統文化に興味のある皆さんと交流したいです。よろしくね~!
*********
左の写真をクリックすると、2017年の日本語スピーチ大会での張さんのスピーチが、ビデオでみられます。
 
なお張さんは、この4月から佐渡島(さどがしま)の「伝統文化(でんとうぶんか)と環境福祉(かんきょうふくし)の専門(せんもん)学校」で、伝統建築学(でんとうけんちくがく)を、3年間勉強(べんきょう)します。
 
  
 
 
日本語教室土曜クラスの交流会に、学習者(がくしゅうしゃ)と家族(かぞく)、
ボランティアの合計33名が参加(さんか)しました。
都筑民家園(つづきみんかえん)では、いろいろなおひな様を見たり、
着物クラブの人に羽織(はおり)を着せてもらったりしました。
また、茶室(ちゃしつ)でお茶をいただいたりして楽しくすごしました。 
 
学習者の感想
胡 月(コ ツキ) (中国)
都筑民家園(つづきみんかえん)は大きな古い建物でした。とても厚い草の屋根(やね)がすばらしかったです。家の中には江戸(えど)時代の道具が見られました。それと明治(めいじ)時代から平成(へいせい)時代までのおひな様とつるし飾(かざ)りびなもありました。
ひな人形にもつるし飾(かざ)りびなにも、一針一針に娘の健(すこ)やかな成長(せいちょう)を願う親(おや)の深い愛情(あいじょう)がうかがえました。ほんとうに感心(かんしん)しました。
そのほかに、日本(にほん)の本格的(ほんかくてき)な「茶道(さどう・ちゃどう)」を体験(たいけん)しました。正座(せいざ)が苦手(にがて)でも、素朴(そぼく)で上品(じょうひん)な雰囲気(ふんいき)で心がおちつきました。ひなまつりと茶道を通(つう)じて、日本の伝統文化(でんとうぶんか)のすばらしさとお抹茶(まっちゃ)のおいしさを知りました。外国人である私達にとっては、本当に素敵(すてき)な体験でした。

テーマ:学習者主体の学びとは       
1月20日(土)10:00~11:30、土曜クラスはいつものグループ学習の枠(わく)をはずし、希望(きぼう)する学習者24人で『ももたろう』の紙芝居(かみしばい)をみました。
そのあと、おおよそのグループに分かれて、「その後の桃太郎(ももたろう)一家(いっか)はどうなったか」を自由に話しあい、発表(はっぴょう)しました。それを作文や絵(え)にまとめました。
ボランティアも各グループに入り、話し合いをささえました。
いろいろユニークな話が出来上がり、みんなでわらったり、驚(おどろ)いたり、感心したりと普段(ふだん)の学習とは少しちがう雰囲気(ふんいき)での楽しい時間をもつことができました。
学習者からは、1.ぎおんごにきょうみをもった。2.かみしばいにきょうみをもった。3.ベトナムにおなじはなしがある(ももじゃない)4.すこしむずかしかった。5.またみんなでべんきょうしたい・・・といった感想(かんそう)がよせられました。 
ボランティアからは、今までの受身的(うけみてき)な勉強(べんきょう)ではなく学習者が主体的(しゅたいてき)に学び、グループで協力(きょうりょく)しあえたのではないかという感想(かんそう)がありました。
 ROBOたろうパーティ
子ども学習補習教室では、子どもたちの日ごろの学習の成果(せいか)を発表する会を行いました。
この日は、子どもたち、家族(かぞく)の皆さま、ボランティアの交流(こうりゅう)も楽しみました。

みんながそろうまで折り紙をして待ちました。

   

いよいよ発表会のはじり・・・音読(おんどく)や作文(さくぶん)、しらべたこと、つくったものなど、発表もいろいろ

kr201712 kod3

らいねん1年生になる子どもたちは、手あそびうたの発表。

 

みんな発表がおわって、ほっとした表情

めいれいゲームでは、めいれいにしたがって、手をあげたり、足をあげたり、あたまをなでたり・・・。


ゲームのあとは、おやつと交流タイム。

 
 
 
 

区民交流センターのまつりで、東工大インドネシア留学生が世界文化遺産竹楽器アンクルンを演奏しました。2017.11.23

8年目の今年は、ドラえもん、ポンペイ(イギリスの歌)、ハロハロバンドン(インドネシアの歌)の3曲を演奏しました。

正式演奏の後、日本人の観客も練習して、「きらきら星」、「ドレミの歌」や「ちょうちょ」を皆でいっしょに演奏しました。

曲名・イラストをクリックするとビデオアンクルンがきけます。

ドラえもん

0:37

Pompeii

4:15

Halo, Halo Bandung

3:25

きらきら星(練習)

1:26

ドレミの歌(練習)

0:39

 

毎年、半数の学生が入れ替わり、日本で初めて習う学生もいます。

インドネシアの伝統音楽が日本でも受け継がれています。

  

  

 去る10月18日、日本語教室 水曜クラスは、横浜市民防災(ぼうさい)センターへ見学に行きました。

  お天気にも恵(めぐ)まれ、ボランティアも含(ふく)め 51名が参加(さんか)、楽(たの)しく過(す)ごしました。  

いくつか感想(かんそう)を紹介(しょうかい)致(いた)します。

オーストラリアのDさん:耐震車(たいしんしゃ)が、面白(おもしろ)かったです。

台湾のFさん:少し難(むずか)しいところがありました。

中国のUさん:また、遠足(えんそく)に行きたいです。

 

日本語教室土曜クラスの交流会に学習者(がくしゅうしゃ)と家族(かぞく)、ボランティアが合計36名参加(さんか)しました。 2017.6.24

江戸東京博物館(えどとうきょうはくぶつかん)で「江戸・東京」に関連(かんれん)した模型(もけい)や資料(しりょう)の展示(てんじ)を見て楽しくすごしました。 

〔学習者の感想〕(がくしゅうしゃのかんそう) 
トゥイさん・ベトナム 
昔(むかし)の町のジオラマは面白(おもしろ)かった。
昔の建物(たてもの)を見て昔の事(こと)を知って良かったです。 
オン モナさん・中国                          
土曜日の日本語教室の皆さんと一緒に江戸東京博物館へ行きました。
江戸時代(えどじだい)と日本の1960年代の日常生活(にちじょうせいかつ)を見てきました。
日本のことが前よりよく分かりました。
機会(きかい)があればもう一度そこへ行きたいです。

ウ エイカさん・中国 
江戸時代の文化(ぶんか)と歴史(れきし)と商業(しょうぎょう)と建築(けんちく)を知りました。
昔の庶民(しょみん)の生活を体験(たいけん)しました。
江戸時代の神田山車(かんだだし)の上には関羽(かんう)【中国の蜀漢の武将(しょっかんのぶしょう)】の人形(にんぎょう)がありました。
中国文化の影(かげ)をみるのは楽しいです。
12時30分からは曲芸(きょくげい)があり、私は傘回し(かさまわし)ゲームに参加することができて忘れられない体験になりました。 
 
東京都江戸東京博物館 提供 
  
 
 
 
 
 

ヒープさん(ベトナム、東工大生、写真右)の感想(かんそう)です。 2017.3.5

3月5日(日)、交流会(こうりゅうかい)で横浜市民防災(よこはましみんぼうさい)センターへ行きました。

そこで、人口地震(じんこうじしん)を体験(たいけん)したり、消火(しょうか)を習ったり、煙(けむり)から逃(に)げたりしました。

消火器(しょうかき)はベトナムにもありますが、使ったことはありませんでした。とてもおもしろかったです。

日本人だけでなく、中国、韓国(かんこく)、インドネシアなど、たくさんの人と会い、写真をとりました。

とても楽しかったです。私はもう一度、友達(ともだち)とここに来たいと思います。ありがとうございました。 

 

 

区民交流(くみんこうりゅう)センターまつりのステージで、東工大(とうこうだい)インドネシア留学生(りゅうがくせい)が、世界文化遺産(せかいぶんかいさん)の竹楽器(たけがっき)アンクルンを演奏(えんそう)しました。留学生(りゅうがくせい)の半分は、アンクルンを日本に来てからならったそうです。インドネシアの伝統(でんとう)が日本でもひきつがれています。  2016.11.23
1.マヌク・ダダリ(インドネシアの国鳥ガルーダ) 
2.花は咲く 
3.ビバ・ラ・ビダ(イギリスのロックバンドColdplay) 
の3曲を演奏(えんそう)しました。

左のYoutubeをクリックしてアンクルンをきいてください。(15分)
青葉国際交流ラウンジの日本語教室には、工大のすずかけ台キャンパスからインドネシアの留学生(りゅうがくせい)も通(かよ)っています。

水曜クラスは、学習者(がくしゅうしゃ)と家族(かぞく)54名とボランティア16名、合計(ごうけい)70名で横浜港(よこはまこう)を見学(けんがく)しました。  2016.10.26

マリーンシャトルに乗(の)って、海風(うみかぜ)に吹(ふ)かれ、大きなベイブリッジの下をくぐり

今年初めて雪(ゆき)が降(ふ)った富士山(ふじさん)を遠(とお)くにながめながら遊覧(ゆうらん)してきました。

解散(かいさん)したあとは、バラ園(えん)でお弁当(べんとう)を食(た)べたり、

中華街(ちゅうかがい)に行ったり、とても楽(たの)しい秋晴(あきば)れの一日をすごしました。

ジャニス・アンさん(マレーシア、左から2人め)の感想(かんそう) (もとは英語(えいご)です)

参加者(さんかしゃ)60名、江の島神社(えのしまじんじゃ)にお参(まい)りしたり、展望灯台(てんぼうとうだい)シーキャンドルにのぼって広い海をながめたりしました。

あいにく富士山(ふじさん)は曇(くも)って見えませんでしたが、楽(たの)しい1日をすごしました。  2016.6.25

   

[エカテリーナさん(ロシア)の英語感想文(えいごかんそうぶん)の翻訳(ほんやく)です。]

江の島(えのしま)での交流会(こうりゅうかい)、ありがとうございました。海にかこまれたとてもすてきな島(しま)でした。

江の島シーキャンドル(展望灯台(てんぼうとうだい))にのぼったり、江の島神社(じんじゃ)やサムエル・コッキング公園(こうえん)にも行きました。

江の島で解散(かいさん)の後(あと)、新江の島水族館(しんえのしますいぞくかん)にも行きました。私の息子(むすこ)にとってイルカ・ショウが一番よかったようです。

田奈のラウンジのみなさまに、すばらしい思い出の時間(じかん)を作っていただきありがとうございました。

マルティノヴァ・エカテリーナ

 

 

 

日本語教室土曜クラスのお茶会で、UFOキャッチャー(クレーンゲーム)を楽しみました。  2016.5.28

2人でチームをつくり、2チームずつで競争(きょうそう)、早くピンポン玉をつかんだチームが勝(か)ちです。

1人が目をつぶり、せんたくばさみをクレーンにして、ピンポン玉(だま)をつかみます。

もう1人が、もっと上、下、前、うしろ、もう少し左、もっと右と声をかけます。

上下、前後(ぜんご)、左右(さゆう)のことばの練習(れんしゅう)になります。

賞品(しょうひん)はチョコレートで、学習者(がくしゅうしゃ)・ボランティアが40名参加(さんか)、楽しい時間をすごしました

もっと下・・・もう少し右・・・
ピンポン玉つかんだぞ!

 

こども学習補習教室(こどもがくしゅうほしゅうきょうしつ)学習発表会(がくしゅうはっぴょうかい)をやりました。 2016.3.23

krkodomo 1

 
 
3月さいごの学習日(がくしゅうび)、こどもたちは、一人ひとりみんなのまえにでて、じぶんをしょうかいしました。
 
名前(なまえ)やうまれた国(くに)自分(じぶん)のすきなことや得意(とくい)なことをはなし、みんなからのいろいろなしつもんに、こたえました。
 
はっぴょうのあとは、フルーツバスケットのゲーム、国際児童画展(こくさいじどうがてん)の受賞(じゅしょう)、おやつタイムと、たのしい時間(じかん)をすごしました。

横浜の日本丸(にほんまる)博物館(はくぶつかん)の見学に、23名参加(さんか)しました。 2015.9.27

 

 

 

 

 

  

インドネシアマラトゥル・フスナさんとご主人のイサ・アンサルーラの感想文(かんそうぶん)です。