第73回アフタヌーンティー
マリアンジェラさんのイタリア流しあわせ術

AT73 00日 時 2022年3月5日(土)午後0時半~2時(開場午後0時15分)
会 場 青葉区区民交流センター内 第2、第3会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ

ゲストスピーカー : マリアンジェラ・ラーゴさん
北イタリア ブレーシャ生まれ。国立ミラノ大学・生物学科卒業。ピアニスト関 孝弘さんと結婚し来日。現在、東京音楽大学講師。NHK「イタリア語講座」の講師(2009年)。イタリア フィナーレ・リーグレ市よりイタリア文化を広めた功績で名誉市民称号授与(2014年)。イタリアをテーマとした講座も日本全国で展開中。

3月5日(土)マリアンジェラさんをお迎えして「イタリア流しあわせ術」について話していただいた。マリアンジェラさんは御両親、祖父母が教育者という一家に育ちその中で培われた教育の極意について話してくださった。

 

 

第72回アフタヌーンティー
ようこそ! 常夏の国 インドネシアに

AT72 00日 時 2021年10月30日(土)午後0時30分~2時
形 式 Zoom
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジゲストスピーカー : サンディ・セシリアさん
2019年に来⽇し、東京⼯業⼤学⼤学院博⼠課程に在籍し環境学を専攻。趣味は⽔泳、⾳楽、読書。特に話や意⾒を聞くのが好きである。
温かいご飯、きんぴらごぼう、みそ汁、焼き鯖など、⽇本の朝⾷が大好き。⻘葉国際交流ラウンジ⽇本語教室で学んでいる。

10月30日(土)に第72回アフタヌーンティー 「ようこそ!常夏の国 インドネシアに」が開催されました。今回はアフタヌーンティーにとって初めてのWebによるイベント開催となりました。初めてのことなのでスタッフ一同準備が大変でしたが、無事開催出来良かったと感じています。参加者は16名、スタッフ12名でした。

 サンディさんの流ちょうな日本語で、インドネシアについて写真や地図などを使って、11項目に分け、地理・国土の歴史、文化、衣食住、日本との関係など多岐にわたり紹介してくれました。示された資料もとてもわかりやすく工夫され、説明もとても判りやすく聞き入ってしまいました。インドネシアという国の多種多様な文化・民族など、今まで知らなかった事を多く知る機会となりました。また日本とインドネシアの言葉に共通点があることは大変興味深く思いました。参加者にはインドネシアでビジネスをされた方、旅行で訪れた方などもおられました。また、今日の話を聞いてインドネシアについて興味を深め、ぜひ訪れてみたいと感じられた方もいらしたことと思います。インドネシアについての知識・理解を深めていただけたなら幸いです。参加いただいた皆様ありがとうございました。
次回のアフタヌーンティーはぜひ対面で開催されるようになれば良いなと願っております。

 

 第71回アフタヌーンティー
ロシア:『私の故郷ロシア・トゥーラ〜トルストイゆかりの地〜』

at202107 3
日 時 2021年7月17日(土)午後12時30分~2時
会 場 青葉区区民交流センター  第5会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ


ゲストスピーカー サーニャさん(本名:クズネツォフ・アレクサンドル)
トゥーラ出身。大学卒業後、仕事に就く。日本に関心があり、独学で日本語を勉強する。2019年4月に来日。
現在青葉国際交流ラウンジ日本語教室および翰林日本語学院で学ぶ。将来は日本の企業で働きたい。趣味は読書・山登り。

 

 第70回 アフタヌーンティー
「京劇の魅力 変面の不思議」

Takahashi Sep28

日 時 2019年10月26日(土)午後2時~4時
会 場 青葉区区民交流センター  第5会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ

10月26日(土)に劉妍(りゅうけん)さんをお招きして第70回記念アフタヌーンティーを開催しました。
「京劇の魅力 変面の不思議」というタイトルでレクチャーと実演をしていただきました。
劉妍さんは、メイクをしながら変わっていく様子を参加者にお見せし、「京劇」の歴史や役柄、役者の要素、小道具などについて詳しく説明してくださいました。そして今回は楊貴妃を演じてくださいました。
華やかな楊貴妃の衣装をまとった劉さんと参加者が一緒に記念写真を撮りました。
「変面」は中国の国家秘密と言われる伝統芸能で、その瞬時に面が変わっていく様子に会場から大きな拍手が沸き上がりました。
終了後のアンケートでは「素晴らしかった!」 「時を忘れてしまった!」 「ぜひ京劇をみてみたい!」という絶賛の声が多くありました!

今後のイベントガイドはこちら

 

第69回アフタヌーンティー
エジプト 悠久の神秘への探求 –エジプトの過去と現在―

AT1907000日 時 2019年7月20日(土)午後2時~4時
会 場 青葉区区民交流センター  第5会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ

ゲストスピーカー : アマル・リファトさん
カイロ大学日本語文学科卒後来日、2000年信州大学大学院修了、
2006~08年東京大学研究員、その後2017年までカイロ大学
日本語文学科専任講師、現在は同志社大学客員研究員

7月20日(土)第69回アフタヌーンティー「エジプト 悠久の神秘への探求」を開催しました。スピーカーはアマル・リファトさんです。 アマルさんは大変流暢な日本語でエジプトの自然や歴史、食べ物、民族衣装、人気のスポーツ、車、交通手段、民族衣装など多岐にわたって話してくださいました。
 参加者の中にはエジプトに住んでいたことがある方や旅行された方、これから旅行に行かれる方などが何人もいて大変熱心に話をきいておられました。
 休憩のお茶の時間にはエジプトのお菓子「バクラヴァ」やハイビスカスティーが出され皆様に喜ばれました。会場にはアマルさんの息子さんもいらっしゃいました。
質疑応答の時間では、参加者から多くの質問がありましたが、アマルさんが丁寧に回答してくれました。皆さまのエジプトについての理解や興味がより深まったことと思います。ご参加くださった皆様ありがとうございました。

 アマルさんの名前の”アマル”はアラビア語で「希望」という意味だそうです。アマルさんはこれからも日本とエジプトの大きな架け橋となって活躍してくださることと思います。

 

第68回アフタヌーンティー

~烏龍茶のお点前と台湾の話~

68000

日 時 2019年2月23日(土)午後2時~4時
会 場 青葉区区民交流センター  第5会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ

ゲストスピーカー : 郭 秀真(かく しゅうしん)さん
台湾の嘉义で生まれ14歳の時に台北に移る。日本人と結婚し2006年に来日。日本の友人に色々と教えて貰った事へ感謝の気持ちを込め、イベントを通して日本の方に台湾の事を知っていただきたい。

2月23日(土)に第68回アフタヌーンティー 「烏龍茶のお点前と台湾の話」が、参加者42名+スタッフ18名で開催されました。 台湾は日本と近く有名な烏龍茶のお話ということで、関心が高く参加された方々は熱心に、郭さんの話とスライドを鑑賞されていました。
最初にスクリーンンに映し出される山や湖など美しい台湾の自然に感動、有名な観光地九份(キュウフン)などの紹介もあり、台湾へぜひ旅行をしたいと思われたのではと思います。
続いて台湾の食と烏龍茶の話では、やはり皆さん烏龍茶の話には興味津々に聴き入っておられました。 この後会場を模様替えしお茶の時間には、本場の烏龍茶の入れ方のデモンストレーションを鑑賞していただきました。もちろん最高級の烏龍茶も、実際に味わっていただきました。「美味しい」「烏龍茶のイメージが変わった」「台湾と烏龍茶にもっと興味がわいた」などの声がきかれました。その後の質問時間では、やはり烏龍茶への質問が多く関心の高さが伺えました。
郭さんのお話を通して、改めて台湾が身近になり烏龍茶の奥深さに触れられたのではと感じました。ご参加くださった皆様ありがとうございました。