祝ラウンジ30周年 新年のつどい

2020 002
開催 : 2020年1月12日(日) 13:30~15:30
      青葉区区民交流センター内第5会議室 第2、第3会議室
ゲストパフォーマー : 山影匡瑠氏 (津軽三味線) 
          河芳恵(ハ・パンへ)氏、李相哲(イ・サンチョル)氏 (韓国伝統打楽器)

2020年の新年のつどいは、2019年11月にラウンジが30周年を迎えたことのお祝いを兼ねた会を開催しました。
小池理事長の開会の挨拶に続き、前半は2組のゲストによるパフォーマンスを楽しみました。
まずは津軽三味線奏者 山影匡瑠氏が、民謡からポップスまでさまざまなジャンルの曲を華麗に披露しました。次に韓国伝統打楽器演奏チーム ファランデのお二人により農民の音楽「農楽」の説明のあと、伝統打楽器チャンゴの演奏、踊りが披露されました。
いずれも新春にふさわしい華やかな演奏は大変素晴らしく、観客の大きな拍手が沸き起こっていました。
その後、「ラウンジ30年の歩み」をスライドで見、来場者とゲスト演奏者及びスタッフによる交流会が開かれました。外国の方の中には、お国の民族衣装で参加された方もいらして新春らしいとても華やかな交流会となりました。

今後のイベントガイドはこちら

 

2019年 「新年のつどい」

2019 003今年も恒例の「新年のつどい」を開催しました。
日時:2019年1月13日(日)10:30~12:00
会場:青葉区区民交流センター
主催:横浜市青葉国際交流ラウンジ

横浜市青葉国際交流ラウンジの2019年最初のイベントである恒例の「新年のつどい」が、1月13日(日)に開催されました。連休の中日でしたが、外国人を含む地域の方々スタッフ合わせて70人程が集まりました。
会場には「生け花」「亥」の書道やお正月らしい飾りつけなどが施され、新年祝賀ムードの雰囲気を華やかにかもし出してくれました。ミニイベントでは、インドネシア・バリ島の伝統的な打楽器アンサンブル「バリ・スカ・ちゃんぷるー」による、ガムラン演奏を楽しみました。竹の心地よい音色に癒され、また珍しい楽器に直接触れる事もできて、子どもたちは興味津々アの様子でした。
イベント後は、軽食のお寿司、お菓子、飲み物などを囲み楽しい歓談の時間で、楽しいそうな話の輪が広がり最後まで話はつきない様子でした。帰りには和菓子のプレゼントもあり、参加された方々から「楽しかった。ありがとう」のお声をいただきました。
ご参加くださった皆さま本当にありがとうございました。