第27回 やさしい英語でレクチャー

〜True Pioneers:Native Americans〜

top日 時:2022年3月13日(日)午後1時半~3時半(開場1時15分)

会 場:青葉区区民交流センター内 第5会議室

主 催:横浜市青葉国際交流ラウンジ

ゲストスピーカー:マイク・グラフさん

日本滞在歴18年のマイク・グラフさんは大学で生物学と文化人類学を専攻し、民族研究に勤しみました。北米、南米両方のネイティブアメリカンについて研究し、故郷カンザス州の先住民についても関心を持っています。

ラウンジ英語クラスの先生でもあるマイク・グラフさんが、今回初めてネイティブアメリカンについてのレクチャーをしてくださいました。

まん延防止等重点措置が取られている中、アルコール消毒、検温、換気、人数制限などを厳格に守りながら、24名の参加者、6名のスタッフによるイベントとなりました。

我々がイメージしがちなネイティブアメリカンとは“馬”や“弓矢”や“インディアン”を思い浮かべることが多いのですが、実際のネイティブアメリカンは南北のアメリカ大陸全域に広がり、遺伝的にも多様な広がりを持っています。

また南北アメリカ大陸のさまざまな気候風土に適合しながらさまざまな形態の生活スタイルが生まれたということからも、その多様性が理解できるというものです。

現在、我々が日常的に接しているアスピリン、ポップコーン、チョコレート、パンケーキ、靴下などが全てアメリカ大陸の“真のパイオニア”からもたらされた恩恵なのだということにも驚きました。

ともすれば単純にシンプルに捉えがちな文化人類学的テーマ(About Native Americans)もさまざまな角度から眺めることによって、より深い理解と問題点を見据えることができることを学んだ貴重な2時間でした。

またサプライズとして、ネイティブアメリカンフルート奏者マーク・アキクサさんの演奏が2曲入るなど、参加者にとっては久しぶりの嬉しい“リアルイベント”であったと思います。

2 3 1 4