区民交流センターのまつりで、東工大インドネシア留学生が世界文化遺産竹楽器アンクルンを演奏しました。 2019.11.23
10年目の今年は、クレヨンしんちゃん、パプアの民族音楽、ありのままで(アナと雪の女王)の3曲を演奏しました。演奏の後、日本人の観客も練習して、「ドレミの歌」を皆でいっしょに演奏しました。
イラストをクリックすると、ビデオでアンクルンがきけます。 
クレヨンしんちゃん
ank2019kureyon
1分10秒
パプアの民族音楽
ank2019papua
2分50秒
ありのままで
ank2019ana
4分13秒
練習   DoReMiの歌
ank2019doremi
2分

 

ank2019presenb

 雨のため、電車の高架下で最終練習をしました。

毎年、半数の学生が入れ替わり、日本で初めて習う学生もいます。
インドネシアの伝統音楽が日本でも受け継がれています。