日本語教室の学習者(がくしゅうしゃ)による日本語スピーチ大会(たいかい)が、 
    あざみ野の山内地区(やまうちちく)センターで行われました。  2019.11.10
    5か国の8人の学習者がスピーチをしました。
    アトラクションでは、國學院大學(こくがくいんだいがく)によるアカペラを楽(たの)しみました。
    共催(きょうさい) : 横浜市青葉区役所(よこはましあおばくやくしょ) 
              : 横浜市山内地区(よこはましやまうちちく)センター  
 
 
 
発表者(はっぴょうしゃ)の写真(しゃしん)をクリックするとビデオになります。  
 [中国] 王 芳 (オウ・ホウ) (日本に1年)
  「中国と日本の子育(こそだ)ての違(ちが)い」
    中国では大多数(だいたすう)が姑(しゅうとめ)か母が子どもを育(そだ)てるため、子どもを溺愛(できあい)してしまいます。
    日本では基本的(きほんてき)に親が育(そだ)て、子どもは自分でできることは自分でやっています。
    中国の幼稚園(ようちえん)は歌や英語などの技能(ぎのう)に重点(じゅうてん)に置きますが、
    日本では自立心や体力作りに重点(じゅうてん)を置(お)きます。
    幼児教育(ようじきょういく)の面(めん)でたくさん学ぶべき点があると思っています。
  
 [インド]  ジョシ・アビジット  (日本に6年)
 「インドの運命(うんめい)」
   インドの政治(せいじ)について、以前(いぜん)と今、これからを話します。
 2014年にインドは変わりました。新しい首相(しゅしょう)が腐敗(ふはい)をたち切り、
 他国(たこく)との友好(ゆうこう)を深(ふか)めたことで、
 インド人が自国愛(じこくあい)をもつようになりました。 
 
3Kotsuki
 [中国] 鄭 崇輝(テイ・スウキ)    (日本に2年1か月)
 「私にとっての日本と中国の違(ちが)い」
 日本の男性(だんせい)は中国に比(くら)べ、髪(かみ)の長い人が多く、
 そこで区別(くべつ)できます。また日本の女性(じょせい)は寒(さむ)い冬(ふゆ)
 でも短(みじか)いスカートをはいているのをよく見かけます。
 このような違(ちが)いを話します。 
 
 
 [台湾]   俞  庭雅 (ユ・ティンヤ)  (日本に2年)
 「私は日本のアニメを見て育(そだ)ちました」
   「セーラームーン」の文房具(ぶんぼうぐ)を、幼稚園(ようちえん)に父が届(とど)けてくれたのが一番の思い出です。
   料理(りょうり)のアニメ「中華一番(ちゅうかいちばん)」の中の「だからそのタレはどこ」というセリフは、
 今でも台湾(たいわん)の若者(わかもの)に使(つか)われています。
   日本に来てからは聴力練習(ちょうりょくれんしゅう)のために日本語のアニメを見ています。  
 
 
7 Lya
 [中国] 趙 夢存 (チョウ・ムンゾン) (日本に1年6か月)
 「歴史物語(れきしものがたり)を通(とお)して中国を知(し)る」
    歴史(れきし)を通(とお)して日本人と関係(かんけい)をもったことについて話します。
 ゲームや文学作品(ぶんがくさくひん)で、お互(たが)いの文化(ぶんか)を理解(りかい)することは、
 隣国(りんごく)を知るいい方法(ほうほう)だと思いました。  
 
 
 
9 Joshi
 [ロシア] テレヒン・セルゲイ (日本に6か月)
 「私が日本を好きな理由」
    子どもの時、ポケモンのアニメを見ました。それから日本について調(しら)べました。
   一番面白(おもしろ)いのは侍(さむらい)や忍者(にんじゃ)です。 
   また、日本にはおもしろいおまつりがたくさんあり、日本人は親切(しんせつ)で、
   日本の料理(りょうり)はおいしいです。私の夢(ゆめ)は、日本に住(す)んでゲーム会社で働(はた)くことです。
   会社に入れるよう日本語を勉強(べんきょう)したいです。   
 
 [中国] 張 傲寒 (チョウ・アオハン) (日本に1年1か月)
「ビール好(す)き?日中のビール市場(しじょう)」
  この夏バドワイザーの中国支社でインターンとしてビールを販売(はんばい)しました。
  中国のラガー「青島ビール」は1本75円ですが、苦(にが)み、
  風味(ふうみ)のあるエールビール「Goose Island」は、1本400円と価格差(かかくさ)があります。
  ミカンや花の香(かお)りのあるエールビールを飲(の)んでみませんか。 
 
12 Xu Haiyan
 [ベトナム] レー・ティ・トゥ  (日本に1年4か月)
「早(はや)く、一人で立(た)ちなさい
 日本とベトナムの子供(こども)のしつけ方(かた)についてお話しします。
 公園(こうえん)で石(いし)につまずき泣(な)き出した子に、日本のお母さんは
「早く、一人で立ちなさい!3つ数(かぞ)えたらママ行っちゃうからね」と言いました。
すると、なんと子供(こども)は泣(な)き止(や)んで一人で立ち上がったんです! 凄(すご)いじゃありませんか。  
 
 
 学習者(がくしゅうしゃ)による司会(しかい) 
    [インド]    ジョシ・マンジュシャ   (日本に6年
 
     2018年大会でスピーチをしました  

 

   講評者(こうひょうしゃ)
    岸根 彩子(きしね あやこ)さん 
          翰林(かんりん)日本語学院 

  

 

guest
 
   来賓(らいひん)  
   (左)岡田 勇輔(おかだ ゆうすけ) 青葉区副区長(あおばくふくくちょう)
(右)坪内 一 (つぼうち はじめ) 山内地区(やまうちちく)センター館長 (かんちょう
  
   
 
akapera
 
 アトラクション 
 国學院大学「びぃぐる」によるアカペラ