000

第65回アフタヌーンティー

「私のガーナ、私の日本」

日 時 2018年2月24日(土)午後2時~4時
会 場 青葉区区民交流センター  第5会議室
主 催 横浜市青葉国際交流ラウンジ

ゲストスピーカー : トニー・ジャスティスさん(ガーナ出身)
1991年来日。2015年にアフリカヘリテイジコミティーを設立し理事長に就任。日本・アフリカの友好を深めるための活動に従事してきた。相模原と青葉台に「こども食堂」を作り子供たちに無償の食事提供、英語レッスン、アフリカ太鼓の体験など学習や異文化体験の場を与えている。

2月24日(土)トニー・ジャスティスさんにガーナの歴史・文化・暮らしと、日本とガーナの友好活動や将来の夢について話していただきました。参加者は47名(うち子ども5名)と招待者3名にスタッフを加え会場は超満員となりました。
ガーナについて、私たちが知っているのはチョコレートと黄熱病研究の野口英世ですが、トニーさんのやさしく丁寧な話し方で、ガーナの日常生活の様子やお料理、歴史や珍しい文化を知る事ができました。中でも死者の埋葬に使用する棺が、生前の趣味趣向に拘ってバラエティー豊かである事には驚きました。また、日本とアフリカの子ども達のために色々と活動されているトニーさんの話を聞いて、頭が下がるとともに活動の大切さを実感しました。とても聞きやすく面白い話がいっぱいで、遠い国ガーナがとても身近に思えました。
お茶の時間を挟んで後半では、皆の質問にも丁寧に答えていただきました。
最後に参加者全員でアフリカ太鼓とマラカスのセッションを楽しみました。太鼓演奏に子供たちが参加してくれて素晴らしいセッションになり会場は大いに盛り上がりました。参加された方々から「楽しかった」「面白かった」のお言葉をいただきました。
参加された皆さまありがとうございました。

 

  001.JPG 002.JPG 003.JPG 004.JPG 005.JPG 006.JPG 007.JPG 008.JPG 009.JPG 010.JPG 011.JPG 012.JPG