Language Selector

カレンダ―の掲載は終了致しました。イベント予定はTopページを、日本語教室の予定は日本語教室ページをご覧ください。

最近ライブラリーに加わった図書を紹介します。

ライブラリーでは貸出をしています。

節英のすすめ

日本で外国人と話すとき、どの言語を選びますか?大切なのは、分かり合うこと。英語に頼らないコミュニケーションを考えてみましょう。

木村護郎クリストフ

萬書房  2016年12月発行

1709setsuei

(掲載:2017/9)

超訳 武士道

サムライの精神を一言で説明できますか? 日本古来から受け継がれてきた武士道精神を、21世紀の現在に合った解釈をした本です。

 松本 道弘

プレジデント社  2016年3月発行

1709busido

(掲載:2017/9)

大和言葉つかいかた図鑑

心が伝わるきれいな日本語。使ってみると、毎日がちょっとウキウキします。身近な例文となごむイラストで描かれています。

海野 凪子

誠文堂新光社  2016年1月発行

1709yamato

(掲載:2017/9)

多文化に出会うブックガイド

さまざまな文化がまじりあうこれからの社会。そのトビラを開いてくれるような、絵本・ノンフィクション・写真集、多文化を経験した人のエッセイなどを紹介した本。

世界とつながる子どもの本棚プロジェクト

あすなろ書房  2011年3月発行

1706tabunka

(掲載:2017/6)

外国人の子ども白書

「外国につながる子ども」の現状と支援の課題が一冊にまとめられた本。いろいろな視点から一人一人の解決策を考えるヒントになるでしょう。

 荒牧 重人 他

明石書店  2017年4月発行

1706gaikokuzin

(掲載:2017/6)

読み手に伝わる公用文

何を言っているのかわからない。読む気がしない。困った文書の実例を見ながら、なぜ公用文が難しくなるのか、どうすればわかりやすく書けるのかを考える本。

岩田 一成

大修館書店  2016年8月発行

1706yomite

(掲載:2017/6)

市民が提案するこれからの移民政策

少子高齢化、人口減少がすすむ今、外国人をどのように受け入れるか、諸外国の動向をみながら市民の立場で考えましょう。

吉成 勝男ほか

現代人文社  2015年6月発行

警察通訳人THE POLICE INTERPRETER

警察通訳歴23年の著者による手引書。来日外国人の増加、多様化、刻々と変わる世界情勢の中、必要とされる知識・能力は何でしょうか。

 清水 真

パレード  2015年3月発行

お話しきかせてクリストフ

アフリカからイギリスの学校に転校した少年が、ようやくみんなに話せるようになったお話しとは?

ニキ・コーンウェル

文研出版  2014年8月発行

君の話をきかせてアーメル

新しくアフリカから転校生が来ました。「イニェンジ」の意味は?母国ルワンダで起きたこととは?

ニキ・コーンウェル

文研出版  2016年7月発行  

盆栽えほん

小さな鉢から広がる大きな世界。海外でも人気のBONSAI、その「和」のこころをわかりやすく紹介します。

大野 八生

あすなろ書房    2013年10月発行

和菓子の絵本ー和菓子っておいしい!

四季折々の季節感をとりいれて作り出した和菓子。材料や道具、作り方、歴史などを紹介する楽しい絵本。

平野 恵理子

あすなろ書房  2010年9月発行

ミルクこぼしちゃ だめよ

西アフリカのニジェールのおはなしです。ペンダはミルクを1滴もこぼさずに山の上のおとうさんにとどけることができるでしょうか。最後は笑みがこぼれます。

S.ディヴィーズ

ほるふ出版  2013年7月発行

きみたちに おくるうた

偉人もかつては子どもだった。君たちも世界を変えられる人間のひとりなのだよ。アメリカのオバマ大統領が世界中の子どもたちに語りかけた絵本です。

 バラク・オバマ

明石書店  2011年7月発行

 

 

 

 

 

翻訳できない世界の言葉

「ひとことでは訳せない、世界のユニークな単語」を34か国語から54語とりあげて、紹介した本です。

E・F・サンダース

創元社  2016年4月発行  

わたしが外人だったころ

16歳からアメリカに行き、自分のなかに外国人を感じている著者。理解しあえる喜びと、思わぬ感覚の違いを感じたときの寂しさを語った絵本です。

鶴見 俊輔

福音館書店    2015年5月発行

ぼく、いいものいっぱい

海外からやってきた子どもや、日本で育った外国の子どもが、日本語を勉強しながら書いた詩集です。あらためて国際理解教育のあり方を問われます。

善元 幸夫

子どもの未来社  2014年3月発行

イスラム世界の人生相談

一般のイスラム教徒の老若男女の相談から明かされる、イスラム世界の素顔がわかります。

西野 正巳

太陽出版  2006年4月発行

こんなに厳しい世界の校則

19か国の中学校の校則を解説しています。読んでいるうちに「日本の常識」のおかしさも見えてきます。

 二宮 晧

メディアファクトリー  2011年6月発行

ロシアの絵本

あらうよ、バシャザブーン でんわ ごきぶり大王 ロシアのわらべうた フェドーラおばさん、おおよわり めっちゃくちゃのおおさわぎ

 K.チュコフスキー

偕成社  2011年2月発行

日本人でも知らない!? 外国人の大疑問

日本語学校に通う留学生と話をしながら、日頃使っている日本語や日本人の考え方について、改めて気づいたことを、まとめた本。楽しいコミックエッセイです。

高橋 陽子

アルク  2010年8月発行

Konnichiwa,nihonngo! こんにちは、にほんご!

やさしいことばで伝わる、見せて使える語彙・フレーズ集。基本のあいさつから緊急時の表現まで、今日から使える便利なフレーズがたくさんあります。英・中・韓訳つき。

 てくてく日本語教師会

ジャパンタイムズ  2009年12月発行

 

 

 

 

 

はじめての国旗えほん

みんなで楽しく読める国旗の本です。国名、首都名、国の位置、公用語と、その国のあいさつ、「こんにちは」と「ありがとう」が、現地の言葉で書かれています。

永岡書店編集部  

永岡書店  2014年11月発行  

なるほど世界地名事典⑤中米・南アメリカ

ドミニカは「日曜日」、リオデジャネイロは「1月」。エクアドルは「赤道」でチリは「寒い」。地名の由来から、その国の歴史や文化が見えてきます。

蟻川 明男

大月書店    2013年2月発行

写真は語る 南アメリカ・ブラジル・アマゾンの魅力

40年間、ブラジルを中心に撮り続けた南米の写真集。豊かな自然とアマゾン開発について紹介されています。

松本 栄次

二宮書店  2012年4月発行

新聞では書かない、ミャンマーに世界が押し寄せる30の理由

今世界が注目するミャンマー。ビジネスのコツだけでなく、ミャンマー人との付き合い方や、現地ならではの情報まで、多くの人が興味を持てる本です。

松下 英樹

講談社  2013年7月発行

BE KOBE 震災から20年 できたこと、できなかったこと

阪神・淡路大震災から20年。防災とは、人と人がつながること、誰もが住みやすい街をつくること。「新しい神戸」をつくるなかで、できたこと、できなかったこと、そして、これからを語りました。日本各地で奮闘する人たちの知恵と思いが詰まっています。

 BE KOBE プロジェクト

ポプラ社  2015年12月発行

世界の保存食(全4巻)

保存食は日本だけのものではありません。素材をムダなく食べきるために、その土地特有の暮らしや文化のなかから生まれてきました。ふだん私たちが口にしている保存食のルーツがわかります。

 矢澤 容子

星の環会  2008年4月発行

foreigner’s tableー日本在住32か国63人の外国人が贈るHAPPYレシピ

世界の人たちがどんなおいしいものを食べて幸せな気分を味わっているのか、ちょっと知ることができる本です。祖国から遠く離れた日本で、手に入れられる食材を工夫しながら料理する様子を、写真とレシピで紹介しています。

Beretta P-10  

雷鳥社  2010年3月発行  

絵本で学ぶ イスラームの暮らし

2世界ではイスラーム教を信じている人がたくさんいます。日本でもイスラーム教のひとは増えていくでしょう。ドバイに住む10歳の少年アフマドの暮らしをたどりながら、知っておきたいイスラームの生活を学ぶことができます。

松原 直美  

あすなろ書房    2015年4月発行

今だから行くインド

2050年に人口もGDPも世界一になるだろうといわれているインドは知っているようで意外に知らない国です。筆者の魅力あふれるインドの紹介は、旅行やインドでの起業のためのガイドブックとしてお勧めしたい本です。

平野隆之

旭書房  2014年12月発行

All About Japan

期普段の生活から伝統行事まで、二人の子供の目を通して紹介。外国のこどもが知りたいことがたくさん載っています。

外W.Moore

チャールズ・イ・タトル出版  2011年4月発行

ふろしきハンドブック The Furoshiki Handbook

日本の「もったいない」精神を象徴するふろしき。日常の暮らしで活躍する包み方をカラー写真で紹介しています。

 山田悦子

誠文堂新光社  2015年2月発行

なるほど知図帳日本2015

日本が直面している時事ネタやエンターテイメントなど、いろいろなジャンルの話題を見やすい図表で紹介しています。

 地図編集部

昭文社  2014年10月発行

日本風物詩 The Best of Japanese Culture

日本人には当たり前。しかし、きちんと答えられない「日本の風物」を、美しい写真と日英対訳で紹介しています。

S.V.Atkin  

IBCパブリッシング  2014年6月発行  





おしゃれがしたいビントゥ

西アフリカ・セネガルの村のおはなしです。女性たちは、子どもも大人もおしゃれが大好き。ビントゥもおねえさんやママのようにみつあみをしたいのですが・・。

S.A.Diouf

アートン新社  2007年7月発行

ランパンパン

むかしむかしのインドのお話。王さまにさらわれた奥さんを助けようと、勇ましく出かけたクロドリ。「ランパンパン」と太鼓をたたいて行進します。

マギー・タフ

評論社  1989年6月発行

インドよ!

インド料理研究のため、毎年インドを訪れる「東京スパイス番長」の4人組。笑いあり、涙ありの88のエピソードでつづられています。

東京スパイス番長

マイルスタッフ 2015年1月発行

オノマトペラペラ・マンガで日本語の擬音語・擬態語

豊かでおもしろい擬音語・擬態語ですが、日本語を学ぶ人にはとても難しいです。 この本は、バイリンガルで解説しており、日本語を学ぶ人・教える人、英語学習、国際交流に、役立つでしょう。

読売新聞英字新聞部

東京堂出版  2014年6月発行





日本語が世界を平和にするこれだけの理由

わたしたちは、日本語の本当の姿を知らないかもしれません。 「あいさつ」「名前」など身近なところから、日本語の美しい特徴を明らかにしていきます。

金谷 武洋

飛鳥新社  2014年6月発行

マンガで学ぶ日本語表現と日本文化ー多辺田家が行く!

日本語の言葉のニュアンス、日本人の考え方や文化などを解説した、教材としても使える本です。 多辺田家の愉快な仲間たちと一緒に楽しくまなびましょう。

創作集団にほんご

アルク      2009年10月発行



外国人力士はなぜ日本語がうまいのか?

来日した力士は、だれもが日本語を上手にはなします。 どうしたらあのように使いこなせるようになるのか、秘密に迫っていきます。

宮崎 里司

明治書院  2006年1月発行

問題な日本語ーどこがおかしい?何がおかしい?

最近のどこかおかしい日本語がどのように生まれてきたか、それらをどうのように使えばいいのかを、日本語の達人がわかりやすく解説しています。

北原 保雄

大修館書店  2004年12月発行

「やさしい日本語」は何を目指すか

「やさしい日本語」をごく自然に話し、受入れられるような、そんな多文化共生社会がくることを願って書かれた本です。 やさしい日本語の最前線がわかります。

庵 功雄

ココ出版   2013年10月発行

 英語でつくる和食

日本の伝統料理と食文化を、英語と日本語とカラー写真で伝える。 和食の基本知識やテクニックもわかりやすく解説。

ナヴィインターナショナル・藤田裕子

ナツメ社  2012年10月発行





Kawaii Bento Boxes

一般の弁当からいま話題のキャラ弁まで、かわいいお弁当を簡箪につくる方法を英語で紹介。 初めて弁当をつくる方にもひとつひとつていねいに説明。

Joie Staff

日本出版貿易  2010年9月発行

japanische kuche

ドイツ人が考えた、ドイツでつくる日本食レシピを、カラー写真を添えて紹介。

Essen & Genieben

FSC  



英国一家、ますます日本を食べる

前作では収録しきれなかった16章に加えて、特別追加原稿および日本人読者に向けた書き下ろしエピローグを収録した。読めばお腹が空いてくる、垂涎のベストセラー第2弾!!

マイケル・ブース

亜紀書房  2012年9月発行

大震災を生き抜くための食事学

ライフラインが遮断されたとたん、コンビニやスーパーの棚は空になり、食品不足の街には異様な緊張感が漂う・・・。大震災にどう備えるか? 3.11を体験した著者が説く、いざというときに命をつなぐ食事学。

石川 伸一

主婦の友社  2011年3月発行

sushi & beyond

Food and travel writer Michael Booth sets of to take the culinary pulse of contemporary Japan and he and his young family travel the length of the country - from bear-infested, beer-loving Hokkaido to snake-infested, seaweed-loving Okinawa.  

MICHEAL BOOTH

VINTAGE BOOKS  2009年発行

あかいきしゃーはじめてであうハングルの絵本

やさしいハングルとあたたかみのある絵で描かれた、はじめてであう韓国の絵本。 あかいきしゃがどこにいくのか、わくわくしながら読める本です。

パク・ウニョン

アートン新社  2004年8月発行

世界の料理いただきまーす。 中国・韓国

ご近所の中国・韓国の方にお国自慢の料理を紹介してもらいました。(水餃子、ビビンバ等) 国やことばについてもイラストでわかりやすく説明しています。

尾崎 曜子

アリス館  2001年4月発行

東アジアの結婚と女性

東アジアーー日本、中国、韓国、台湾の女性の結婚を語る本。 背景にある歴史、思想、宗教、そして現在から展望します。

仁平 道明

勉誠出版  2012年9月発行

OLIVE いのちを守るハンドブック

災害時に身の周りにある物を使って生きる知恵

 

NOSIGNER

メディアファクトリー  2011年8月発行

グローバル社会のコミュニティ防災

コミュニティラジオを中心とした多言語での情報発信の経験をもとに移民をはじめ多様なマイノリティと暮らす地域社会の在り方を提言

吉富 志津代

大阪大学出版会

世界が感嘆する日本人

地震発生直後から海外メディアが取材に殺到した。彼らは破壊しつくされた現場で数々の奇跡を目撃する。 東日本大震災における世界の報道の総まとめ。

別冊宝島編集部編

宝島社  2011年6月発行

GIONGO GITAIGO J”ISHO

言葉だけでは伝わりにくい擬音語・擬態語をたくさんの写真、イラストでまとめたユニークな辞書。

牧田 智之

パイ インターナショナル  2012年2月発行

とりあえず日本語で もしも・・・あなたが外国人と[日本語で話す」としたら

外国人と日本語でやりとりするとき、外国人どうしが日本語でやりとりするとき、実際に起こりうる例をもとに、問題点や解決法を探っていく。

荒川 洋平

スリーエーネットワーク  2010年5月発行

A GEEK IN JAPAN

インターネット世代に贈る日本を紹介する本。 マンガ、おたく等現代の日本から、伝統、しきたり、ビジネスのきまりごとまであらゆる分野の日本を鮮やかな写真で紹介している。

Hector Garcia

TUTTLI出版  2010年4月発行

 

今日からあなたも日本通

温泉の入り方をはじめ、日本の公共の場でのマナーや方法をイラストでわかりやすく紹介。外国人旅行者や今更聞けない日本のマナーを確認したい方におすすめの本。

三橋 勇

学文社  2012年3月発行

指差しイラスト会話 JAPAN 韓国語―日本語

旅の場面ごとのわかりやすいイラストとフレーズで自分の思いを伝えよう。 日本特有の文化や慣習、事故などのトラブル対応文例なども紹介している。

ブルーガイド編

実業之日本社  2010年6月発行

 

英国一家、日本を食べる

英国のフードジャーナリストが家族とともにニッポンの味を求めて食べ歩いた100日間。 市場の食堂から隠れた名店まで、北海道から沖縄まで、料理本、旅本としても楽しめる。

マイケル・ブース

亜紀書房   2013年4月発行

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

自分の仕事を日本の中だけで考えている人と、世界を舞台に考えられる人とでは、これからの人生の可能性は大きく違ってくるだろう。 世界で活躍したい人に読んでほしい。

太田英基

いろは出版 2013年4月発行

日本人の知らない日本語 4

海の向こうで日本語を勉強する人達に会ってきた。 日本人も気づかない視点から日本を見る外国の人たちから学ぶことはたくさんある。 楽しく読めるコミックエッセイ。

蛇蔵&海野凪子  

メディアファクトリー  2013年8月発行  

クラスメイトは外国人 入門編

期待と不安を胸に進学した中学で、ブラジル、中国、ベトナム、インドなどさまざまな国にルーツを持つ友達と出会い、ともに泣き、笑い、悩み、考えながら成長していく。

外国につながるこどもたちの物語編集委員会

明石書店  2013年5月発行

anan 女性のための防災BOOK

”もしも”のときにあなたを守ってくれる知恵とモノ

 

マガジンハウス  2011年8月発行

子連れ防災手帖

ママたちの実体験をもとに対策をまとめた防災本

 

メディアファクトリー  2012年3月発行

海を渡った故郷の味

世界中から日本にきた難民たちの故郷の家庭料理を簡箪に作れるよう再現

npo法人難民支援協会

ジュリアン    2013年5月発行

African Critters

動物を愛するすべての年代の人に見てほしいアフリカの自然の姿

Robert.Haas

National Geographic children’s Books  2008年9月